• none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none
  • none

ホーム >> 特集ページ一覧 >> 「ひょうたんランプ制作」の1dayレッスンレポート

「ひょうたんランプ制作」の1dayレッスン

自然に囲まれた隠れ家的工房で「ひょうたんランプ制作」を!

自然に囲まれた隠れ家的工房で
「ひょうたんランプ制作」を!

今回の舞台は、岐阜県養老町西小倉の隠れ家的工房「養老瓢箪エイト8」です。

今回、講師を務めてくださる竹内さんは、養老町の特産品「ひょうたん」の魅力に取り付かれ、さまざまなアイディアを発案し、ひょうたん製品の認知拡大、拡販に取り組んでいます。

制作開始①まずは、えんぴつで下書きから

制作開始
①まずは、えんぴつで下書きから

今回参加してくださったのは、同じ養老町にお住まいのとしえさん。工作が大好きで「やったことがないことにチャレンジしてみたい」と思って参加を決めたのだそうです。

まずは、高さ10cmほどの「せんなりひょうたん」にえんぴつで下書きをしていきます。

②太さの違う2種類の目打ちで穴を空けます

②太さの違う2種類の目打ちで穴を空けます

次に、目打ちで穴を空けます。
「柔らかくてさくさく刺せるからクセになる」ととしえさん。木材よりも柔らかくて加工がしやすいのがひょうたんの魅力なのだそうです。

実はこのひょうたんは、竹内さん自らが育て加工したものなんです。

③ランプを点して加工して仕上がりのイメージを確認

③ランプを点して加工して仕上がりのイメージを確認

おおよその穴が空けられたら、ランプを点して仕上がりの様子を確認しながら作業します。

穴から灯りが漏れるので、たくさん穴を空けたほうが綺麗なんですよ、と先生の談。

④アクリル絵の具で着色します

④アクリル絵の具で着色します

色の配色で印象もぐっと変わった仕上がりになります。

目の前にあったアイボリーのひょうたんが気になったとしえさん。いろいろ考えた結果、陶器のようなアイボリーに金をあしらって「和」をイメージした、おめでたい感じにしあげることにしました。

⑤ベースの色を塗り終えたら、ドライヤーで乾かします

⑤ベースの色を塗り終えたら、ドライヤーで乾かします

実は、本職が美容師のとしえさん。

ランプの底の穴から手を突っ込んで回しながら手際よく乾かしていきます。完成の目処がついてきたからでしょうか、素敵な笑顔です!

⑤1~2時間で完成!

⑤1~2時間で完成!

乾いたら、金のアクリル絵の具で、穴の内や外にまあるく円を描いていきます。筆のやわらかさが引き立つやさしげな印象に仕上がりました。
仕上げのLEDランプの土台に、テープを巻いていきます。今回は先生が綺麗に仕上げてくださいました。

ご覧ください!手作りとは思えない素敵な仕上がりになりました。

灯りを点すと幻想的な雰囲気に!

灯りを点すと幻想的な雰囲気に!

昼間はインテリアの一部として、まあるい形に癒されるひょうたんランプ。
夜には、穴を空けた隙間から漏れるやわらかい光がとっても幻想的です。

今回のレッスン、としえさんの感想は?
「穴を空ける時、色を付ける時で印象も変わるし、また何個も作ってみたい」

としえさん、竹内先生、素敵なレッスンをありがとうございました!

体験レッスンは随時受付中!

体験レッスンは随時受付中!

竹内先生からのメッセージ
「ひょうたんの丸み、すべすべ感に癒されながら、自分だけのひょうたんランプを作りましょう」

【お申込み要項】
※レッスン代:2,000円~(材料費・指導料込)
※所要時間:約2時間
※要予約:前日までにご予約ください

*「アクアタウン大垣」にて500円の割引クーポンをご利用できます。下記URLクーポンページよりご確認ください。